嶺男窯変芸術 mineo youhen art

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007年7月13日(HPより)

<<   作成日時 : 2011/09/11 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日もまた岐阜県現代陶芸美術館に行って、最終段階に入った陳列の様子を見せて戴きました。作品の場所を少し変えてみたり、照明のチェックをしてみたり、そんな様子を、私はただしばらくの間、見ているだけでしたが、「展覧会を作り上げる」工程を垣間見ることができて、心楽しい半日でした。白い台に乗った作品の向こう側も白い壁、作品が宙に浮遊しているようでいて圧倒的な存在感があるという不思議な世界です。

赤煉瓦の由緒ある美しい建物に格調高い展示が静かな世界を作り出していた東京国立近代美術館工芸館での回顧展、テーマごとに生命力溢れる色とりどりの布をまとった展示で、大地にしっかり根付いた力強さの感じられた名古屋・松坂屋美術館での回顧展、そして、白い空間にぽっかり浮んだ展示で作品の持つ生命力をあますところなく引き出している岐阜県現代陶芸美術館での回顧展、いつまでも見ていても飽きることがありません。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007年7月13日(HPより) 嶺男窯変芸術 mineo youhen art /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる