嶺男窯変芸術 mineo youhen art

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007年7月12日(HPより)

<<   作成日時 : 2011/09/11 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007年7月12日

今日もまた岐阜県現代陶芸美術館に行って陳列の様子を見せて戴きました。陳列のしかたで見え方が異なるのを実感するのはとても楽しいことです。白い空間で、縄文の大きな作品がより大きく見えるのは新発見でした。

美術館の現代建築が山の自然に溶け込み、空の色を映す父の作品もまた自然に溶け込んでいる様を見ながら、これこそ父が望んでいたひとつの姿だと思いました。

多治見の岐阜県現代陶芸美術館の帰りは、いつも心が満たされています。それは、大自然の山懐に抱かれた美術館から見る陽光の暖かさと無関係ではないような気がします。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007年7月12日(HPより) 嶺男窯変芸術 mineo youhen art /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる